審美歯科

審美歯科とは

審美歯科

審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた歯科治療のことをいいます。保険診療では、「虫歯や歯周病を治す」「噛めるようにする」といった最低限の機能的を回復するための治療になります。

しかし、審美歯科治療では、このような機能的な側面と、「天然歯と同様のキレイな白い歯」といった審美的な側面があります。この両方を満たす、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療です。

そもそも保険診療とはどんなものなのか?

保険診療とは誰もが平等に治療を受けられる制度のことです。日本全国どの歯科医院でも同じ治療を同じ治療費で受けることができるシステムになります。

虫歯や歯周病が悪化して、歯の治療を受けたい時には保険診療が適用されますので、保険内で治療を受けることが可能です。

ただ、全国一律の治療法・料金にするために、国によって細かく治療方法・治療回数・材料・薬剤などの条件が決められているため、その制限の中で治療を行う必要があります。保険診療のデメリットはここにあります。

素材や治療法が制限されていたとしても、その制限の中で十分に治療ができるケースもあるのですが、患者様の状態やご要望によっては保険内ではしっかり対応することが難しい場合もございます。

ここで自由診療である
「審美歯科治療」が登場します!

保険診療の場合にはあらかじめ決められた素材しか使うことはできず、治療法も制限されてしまいますが、保険外の自由診療であれば素材や治療法に制限が全くありません。

そのため、「金属アレルギーだから銀歯ではなく、別の素材を使って欲しい」「自信を持って口を開けられるようになりたいので、見た目が目立つ金属ではなく天然歯に近い素材を使用して欲しい」などのご要望にマッチした治療を行うことができるのです。

保険診療で白い歯にできないのか?

保険診療でも天然歯によく似た白い素材を使用することもできます。

それがレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを用いたレジンハイブリッドという素材です。しかし、レジンハイブリッドは強度が高くないため、噛み合う歯との衝撃でも欠けたり破折したりします。ですので、あえて噛み合わないように設計するケースがほとんどです。

仮に強度の高いレジンハイブリッドを作成する場合、被せ物の厚みをセラミックや金属を使用するとき以上に厚くする必要があります。かなり厚みがある状態ですので、周りの健康な歯を削ってスペースを無理やり作り出す必要があります。何も悪いところがない健康な歯を削ってしまうのでは本末転倒ですよね。

また、レジンハイブリッドは、単調な色で透明感が少ないため自然感に乏しく目立ちます。吸水性があり、劣化したり傷つきやすく着色や汚れ、においの付着も大きいといわれます。

当院がおすすめするジルコニア

ジルコニア

ジルコニアとは、人工ダイヤモンドの素材です。高い強度・審美性・生体親和性から幅広い医療分野で活用されています。金属とほぼ同等の曲げ強度を持ちながら、重さは金属の1/3ほどで周りの歯への負担も少なくすることができます。また強度を活かすことで、歯を削る量を抑えることも可能です。

透明感のある自然な白さを持ち、変色や汚れがつきにくい性質から衛生的で長持ちする非常に優れた歯を作成できます。

ジルコニアを使用するメリット

  • 自然で美しい歯が手に入る
  • いつまでもキレイな歯が長持ちする
  • 再治療のリスクを抑えられる
  • 金属アレルギーの心配がない

審美歯科が活躍する場面

失活歯(神経を失った歯)

失活歯(神経を失った歯) 失活歯(神経を失った歯)

根管治療で抜髄した失活歯は色が黒ずんでいくだけではなく、歯がもろくなり歯の破折の原因にもなるため被せ物で被覆してあげる必要があります。歯が破折してしまうと、場合によっては抜歯の必要が生じることもあります。

ジルコニアの被せ物は変色が起こらず、内面に金属を使用しないためマージンライン(歯と歯茎との境目)が自然で、とても審美性が高いです。

また、ゴールドの詰め物は柔らかく、耐久性腐食性が高いので、2次虫歯になりにくく、噛み合わせる歯にも優しいといった特徴がございます。暖系色で意外と銀歯より目立ちにくく、歯科医療関係者には選択する人が多いのです。

欠損した歯を補うインプラント治療

インプラント治療 インプラント治療

虫歯・歯周病の治療で抜歯をした場合、もしくは事故やアクシデントで永久歯を失った場合、欠損歯に対する治療としてインプラント治療があります。

インプラント治療以外に、入れ歯やブリッジという治療もありますが、入れ歯・ブリッジでは強度が足りず、隣の歯や噛み合わせる歯に負担がかかり、将来的に歯がダメにもなる場合もございます。

しかしインプラントであれば、本物の歯と同様の強度があり、他の歯に負担をかけないので、これまで通りに食事や会話を楽しむことができます。

ただ、素材選びは大切です。そこでおすすめなのがジルコニアです。ジルコニアは人工ダイヤモンドですので、どの素材よりも強度が高いので、しっかり噛むことができます。また、白くキレイな材質ですので、審美性も抜群です。

審美歯科の料金体系

審美歯科

詰め物(インレー)

ジルコニアセラミック

素材 人工ダイヤモンドとも呼ばれる、
非常に高度に優れた素材
長所 従来のセラミックの割れやすいという欠点を解消。
歯を余分に削らずとも審美性と耐久のどちらも兼ね備えた素材。
短所 保険適用の素材に比べると高額
保証 あり
金額 44,000円

被せ物(クラウン)

ジルコニアセラミック

素材 人工ダイヤモンドとも呼ばれる、
非常に高度に優れた素材
長所 白色で変色しない。強度、耐久性が高い。
2次虫歯になりにくい。
短所 保険適用の素材に比べると高額
保証 あり
金額 98,000円

メタルボンドクラウン

素材 内側は金属を使用し、
外から見える部分はセラミックを使用した被せ物
長所 白色で変色しない。強度、耐久性が高い。
2次虫歯になりにくい。安価。
短所 角度によっては裏側からは金属が見える場合がある。
保険適用の素材に比べると高額
保証 あり
金額 88,000円

まずは悪いところを治すため治療を受けましょう

審美歯科

日本人は80代になる頃に、虫歯や歯周病が原因で、約半数以上の歯が抜け落ちているといったデータが厚生労働省にて発表されています。

歯科疾患の恐ろしさは、抜歯の必要があるなど、手遅れの状態になるまで痛みなどの自覚症状がない点です。つまり歯が痛くなってからでは遅いのです。

定期的に歯医者に通いましょう

定期的に歯医者に通いメンテナンスを受け予防に努める、もしくは違和感を感じたらすぐに歯医者を受診することを患者様には心がけていただけたらと思います。

当院は、年中無休で土日も夜まで診療していますので、非常に通いやすい便利な歯医者です。全ての患者様のご要望をできるだけ詳細にお聞きするため、治療前のカウンセリングを何よりも大切にしています。

お悩みやご要望をしっかり伺った上で治療に臨みますので、どうぞ安心して来院ください。

Informationイオンモール東員内1F
にある歯医者

あいおいクリニック 東員医院

〒511-0255三重県員弁郡東員町大字長深字築田510-1
イオンモール東員1階

0594-84-6218

診療時間
10:00-14:00
15:00-20:00

年中無休 当日予約可 駐車場有

【当日予約も受付中】お電話は下記をクリック!